ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「簡単にできるお豆腐の作り方」、教えてもらいました!

お隣のN美さんが通っている「骨盤ネジ締め体操」には、たくさんの在住日本人の方々がいらしてるようで、その年齢層も幅広い、とか。
バリ在住暦が私らよりはるかに長い方もいらっしゃるようで、その昔バリに今のような日本食スーパーもなければ、日本の食材など皆無の時代を乗り切ってこられた先輩たちの中には、自ら豆腐や納豆を作って日本の味をバリでの生活にも取り入れられてこられた方もいらっしゃるようで、ほんとに頭が下がります。

その中のお一人が「簡単にできるお豆腐の作り方」を伝授してくださるということで、お隣のN美さんに誘われて行ってきました。

講習は、骨盤ネジ締めの先生であるゆかさんのご自宅兼スタジオの素敵なシステムキッチンで行われました。

私たちが行ったときは、既に始まったいて、7-8人ほどの方が熱心に先生のお話を聞いておられました。

P4211120.jpg

バリのお豆腐は、腐る一歩手前?、それとも、防腐剤が多すぎるの?と思わせるほど、それはそれは酸っぱいんです。。
が、最近豆腐作りに挑んでるN美さんによると、豆腐を「にがり」ではなく、「お酢」で固めてるから酸っぱいんだ、ということが発覚。
こちらのお酢がお酢というより、酢酸液に近く、その酸っぱさも尋常じゃないんです。それを使って固めてるから、あの酸っぱい豆腐ができるんですね、、納得!

が、今回のお豆腐づくりは、「にがり」、「お酢」それぞれで固めてみるらしい。

作り方は、まず、一晩たっぷりの水に漬けておいた大豆をミキサーにかけます。
大豆と水はミキサーに入れた状態で、半々くらい。ミキサーにかける時間は、30秒ほど。
それを目の細かすぎない布でくるんで、絞ります。
搾りかすが「オカラ」で、絞った水分が生の「豆乳」です。

P4211118.jpg
+こちらがおいしそうなN美さん、、ではなく、オカラとN美さん。

この豆乳の方を強火にかけ、沸騰する直前に弱火にし、2~3分こがさないように底から混ぜていきます。その後、火は止めます。
その間、あくは小まめにとりましょ~。肌理の細かさに影響があるそうです。また、底を混ぜるときは、お玉の底を使ってやさしく混ぜます。

P4211116.jpg
+こちらが今回の先生。第一言語はスペイン語らしい。なのに豆腐が作れる!かっこい~。

豆乳を75度くらいの温度になるまで放置するか、もしくは、差し水を入れてさまします。
(75度の加減が非常に難しいのですが、、かきまぜて、まだ湯気がほわっと出るくらい。。でしょうか??)
この温度加減、温度が熱すぎると固まりにくくなって、75度以下だと固まりやすいそうです。その辺、結構難しいのですが、これはもう経験を重ねるしかないようです。

P4211121.jpg
+こちらが分離したもの。これがお豆腐になります。

そこへ「水でうすめたにがり」(量を書き損ねた!)をかきまわしながらいれると、徐々に分離していきますので、それをお玉でそっとすくいあげて、固くしぼったさらし布をひいたザルにのせていきます。
全部すくいあげたら、形を整えて、さらし布で全体をくるみます。
重石も何もいらないのに、そこ15分ほどで、豆腐が固まってしまいます!すごい!

P4211122.jpg

P4211125.jpg

にがりの方は、あっという間に分離したのですが、お酢の方は、結局結構な量を入れたのですが、中々固まらず、最後はにがりを入れることになりました。それでも、酸味を感じることはありませんでした。
(今回使ったお酢は、こっちの酢酸液?ではなく、日本のお酢と同じ成分のものだったようです。お酢は、リンゴ酢でも、米酢とかでもよいようです。
お酢の場合は、500mlの大豆に対して、小さじ半の塩、カップ一杯の水に大さじ1のお酢、が目安だそうです。足りない場合は、お酢と水を混ぜたものを足してください)

大豆の新しさなどによっても、出来上がりの量が変わってくるらしいのですが、今回は大豆1キログラムで約4丁のお豆腐が出来上がりました。

P4211133.jpg

今回教えていただいた先生曰く、この作り方は、出身地沖縄の方法とのこと。
暖かい島での豆腐づくり、バリ島ともあってるのかもしれませんね。

早速試食タイム。また暖かなお豆腐にさっとしょうゆをかけていただいたのですが、しっかり大豆の味のするほわほわのお豆腐でした。
木綿越しとも絹越しとも違う触感でしたが、かなりおいしかったです。
先生がおつくりになったおからを使ったドーナツや、N美さん持参の豆乳プリン(N美さんのカフェ、ワルン ソパでも味わえます!)もみんなで試食。楽しい試食タイムでした。

P4211138.jpg

「豆腐は買うもの」という概念でしたが、、これなら私にもやれそう!まだ記憶のあるうちに一度やってみなければ。
バリでの食生活がますます充実しそうで嬉しい~、あ、その前にミキサー買わなきゃ!壊れてたんだ、、(笑)




スポンサーサイト
  1. 2010/04/24(土) 14:50:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。