ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イスラム教断食明けの民族大移動

9月10日は、イスラム教の断食明けの日。
この日の前後から、お休みモードに入るインドネシア。
バリにも、このお休みを利用して、たくさんのローカル観光客が押し寄せます。

ワハユの実家のある「マラン」でも、断食が明けると、親戚一同が、本家にどっと押し寄せ、それはそれは賑やか。
私もその時期に初めて里帰りをしたとき、夜中到着して、ひっそりとしていた家の中が、朝になると、一体どこからやってきたのか、大勢の人でごったがえしていたのにはびっくり!
あの小さな家のどこにこの人たちが潜んでいたんだ、、と??でしたが、おじさん、おばさんらは、みんな近所に住んでいて、朝になると大集合していたんです。。
私の実家もみんなが揃うと、それはそれは賑やかですが、更に輪をかけた賑やかさは、みんなの声のでかさのせいかも。。
みんな豪快おばちゃんばかりで、中々楽しい人たちなのです。

さて、今回は、親戚一同が本家に大集合した後、そのうちの8人+子供2人が、我が家にどっと押し寄せることに。。
枕にベッド、ふとん、、何もかも足りず、あちこちから借りまくり、ようやく皆を迎える準備が整いました。
いやはや、こんなに大勢、しかもほとんど5泊。。最初は、どうしたもんかと頭を抱えましたが、こうなったら開き直り。あまり構えても仕方ない!と、最低限の準備だけすることに。
料理は、料理上手なおばちゃんがやってくれるらしいので、こちらもお任せ。お米だけは、なんと25キロ用意!(さすがにこんなに食べませんでしたが。。)

今回、久々に会う、おばあちゃんも来バリ。マランから、約12時間バスに揺られて、相当お疲れの様子。。
他のみんなは、疲れも見せず、朝、到着して、その日のうちにクタへ。外国人で賑わってる様子は、バリ以外のところでは、かなり珍しいようです。
我が家の車に、ぎゅうぎゅう詰め込んでの移動。。そんなことをもろともせず、みんな、かなり楽しんでるご様子。

朝は、市場で買い付けた食材をもとに、おばさんらが料理。
おもしろいのが、普段私らはキッチンでたったまま、皮をむいたり、切ったりしますが、そういった作業は、全て地べたに座って行われました。
インドネシアの料理は、手間がかかるものが多く、その下ごしらえを立ったままでやるのは、しんどいんでしょうね。

揚げ物の多いインドネシア料理。
台所をどれだけ汚されるのか、、と心配していましたが、私が嫌味なばかりに、きれいにふきまくっていたせいか、、料理後は、これでもか!というくらい、きれいに後片付けをしてくれて、助かったのですが、逆になんだか申し訳ないほどでした。。(こうるさい小姑って、きっと思われてるだろうな、、などと思ったり。。)

文化の違いで、お風呂場の使い方が違ったり、ゴミの意識がなかったり、、と、「ひえ~~」とびっくりすることも多々ありましたが、これも1年に一度の辛抱(希望的観測)、みんなが喜んで、楽しんで帰ってくれたらよしとしましょ~と。

ワハユは、我が家にみんなが来てくれて、色んなところへ案内できるのが、とっても嬉しいようで、私への気遣いも忘れず、必死で頑張っていました。

5日間、サヌール、スカワテイ(ローカルのおみやげやさんがあります)、スミニャック、と毎日お出かけして、みなさんも、バリをかなり満喫していました。

最終日、みんなを見送った後、どどどーっと疲れが出たのは言うまでもありませんが、過ぎてみれば何てことない、また、静かな日常が戻って、ひとまずほっとしています。

写真は、我が家に滞在した親戚一同。こんなにいたんだ、、と改めてびっくり。。
P9161559.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/09/22(水) 11:46:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。