ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すっかり「とりこ」!~レンボガン島~

なんだか最近旅行記ばかりになってるな、、仕事は一応してるはずなんだけど。。(笑)

さてさて、今回は、バリの離島、レンボガン島の旅行記です。
サヌールからスピードボートで約30分ほどの意外に近い、が、バリとは思えない?ほど美しい海を持つ島です。

お隣家族がすっかりはまって、私も話を聞いたり、写真を見たりして、すぐにでも行きたい衝動にかられておりましたが、今回やっと念願かなって、お隣家族とともに2泊3日でレンボガン島へ行くことに。

揺れと酔いを心配していたスピードボートも、運よくベタなぎで、まったく揺れることなく到着。
海辺のゆる~くて、のどかな雰囲気の村とその前に広がるブルーの海と白い砂浜。。あー、今思い出しても、こみ上げるものがありますね、、(笑)
船を降り立ち、そこから宿まで3分ほど、ビーチ際の細い道ともいえない道を歩くのですが、これがまたよいのです。。(全てがいい感じなんです、、)
宿も海辺になじむようにビーチ沿いに建っていて、宿の前のビーチには、漁師さんの船が並び、遠浅の海では天草(テングサ)が、、傍では子供らが凧揚げを楽しんでいて、、
もうその時点で、ノックアウト―!なんだか自分が溶け出していきそうなほど、心も体もの~んびりしてしまうのです。

P9172708.jpg
こちらが船着き場?から宿へと向かう、道というか通路?
P9172706.jpg
ひとつ1000rp(10円弱)で貝を売る子供たち。

宿のレストランで、目の前に広がる景色に感動してると、そのわきでは早速水着に着替えてるのの果と天悟が、、
気付けば前のビーチに浮かんでおりました。(笑)
あー、、この環境、、素敵すぎる~~。ウブドの山間もいいが、海もいいなーー、毎週来たい!いや、ひと月に一回でも、、と着いてすぐからレンボガンへの思いは募る。。

P9162604.jpgP9162609.jpg

散歩しながらお昼を食べにワルンへ。
「レンボガンのメインストリート」と言われるその道、、我が家から出たとこの村の道となんら変わらず、、すれ違うのはほとんどがバイクで、たまに見る車は軽トラ?のようなもののみ。。
暑い陽射しを受けながら、のどかなメインストリートをたらたらと歩く。
ちょこちょこ宿があったり、ワルン(食堂)があったり、、近年観光客も多くなりつつあるんでしょうね、工事中の宿も何軒か見かけました。
お目当てのワルンでは、N美さんお勧めのチキンバーガーをいただきました。すごいボリュームなのに、たったの2万rp。(180円ほどでしょうか)
この島は、全てのものがバリ島本島から運ばれてくるため、何かと割高になるはずなんだけど、、この価格、、とっても良心的です。
一人で宿で留守番していたのの果も喜んで食べていました。(知らないとこで、一人で留守番、、5歳にして早くも自立してる、、)

泊まっていた宿「BUNGA」は、窯焼きピザが有名らしく、夜は外部からたくさんのお客さんがここのピザを食べに来ていました。
実はあまり期待をしていなかったのですが、ピザは意外においしく、新鮮なお魚と生サンバル(からいソース)の料理もウマウマでした。
バックミュージックと波の音も心地よく、食後はワハユはビールを楽しみ、私はしばし貝の椅子にてうとうと、、していたはずが、本気で寝入ってしまっていました。(笑)

P9162647.jpgP9172704.jpg
日が暮れた後のモノトーンの中、黄色い凧が、、

翌日は、楽しみにしていたマングローブの森でのシュノーケリングとマングローブツアー。
レンタルバイクにそれぞれ子供を乗っけてゴー。天草の海臭いにおいをかぎながら、がたがた道を行くと、人影のない、それはそれは静かなマングローブの森へと到着。
これまた物静かなマデさんが出迎えてくれました。あいにくの曇り空でしたが、暑いよりはいいか、、と早速船に乗って、シュノーケリングへ。

P9172654.jpgP9172656.jpg

海は底が見えるほど美しく、シュノーケリングへの期待は大きくなります。
船に乗ることたったの5分ほど。早速シュノーケリング開始~。水がかなり冷たかったものの、その美しさたるや、沖縄??ぐらい!
バリでこれほどきれいな海は見たことがないーーー。
大きなテーブルサンゴも見事だし、魚の種類も相当なもの。。寒くさえなければ、何時間でも楽しめそうでした。
子供らは、ワハユが借りてきた釣り道具でパンを餌に真剣に魚を釣っておりました。
魚が釣れる様子が、シュノーケリングをしてる私たちから見れるのが、ドリフのコントのようで、かなり笑えました。

P9172662.jpgP9172664.jpg
撒餌に寄ってくるワハユ?いえいえ、魚たち。

結局4匹獲物をゲットし、船着き場近くのワルンにて料理してもらいました。
これが、そこのサンバル(辛いソース)にマッチして、激ウマ!ご飯がすすむ、すすむ、、結局3回もお代わりしてしまいました。(それでもまだ食べたりないほどだった!)
P9172697.jpg

子供らは、ワルンの目の前の穏やかなマングローブのあるビーチで、ご飯もそこそこに地元の子供らと楽しげに遊んでおりました。

P9172699.jpg

そうそう、シュノーケリングの後は、マングローブの森の中を手漕ぎの船でのんびりツアーを楽しみました。
もちろん人っ子一人いない森の中、、本当に静かで、穏やかな時間が流れていて、、まさにそこは、ピースフルワールド。。時が止まってしまったかのようでした。。

P9172678.jpg

夜はその日に誕生日を迎えたのの果にサプライズのケーキプレゼント。
いくつかのカットケーキに蝋燭を立てたものでしたが、何より蝋燭の火を消すことが好きなのの果には嬉しいサプライズだったようです。

あいてる時間は、レンタルバイクで島内を散策。
けっして道の状態はよいものではありませんでしたが、ぐるぐる回りながら、素敵なビーチ、「サンセットビーチ」を発見。
港側とはまた一味違って、スケールの大きな、砂がとても美しいビーチでした。きっと夕日がきれいに見えるんでしょうね。

P9162635.jpg

少し高台から見た景色。どこまでも美しい~。
P9162626.jpg


そんなこんなで、丸二日間、存分に楽しんで、そして溶かされた?レンボガンでした。

次は来月、嘘、、、年末かな~。あー楽しみ!
スポンサーサイト
  1. 2011/10/01(土) 15:11:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。