ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨季のバリとseniman cafe

あれれ、前回のブログから一か月も経ってました、、

バリは雨季に入り、といっても、あまり雨は降らず、、が、日中の暑さと湿気と言ったら、、ものすごいものがあります。。
寒いほどだった乾季から、いきなりのこの気候、、おー、ここはバリ、そうそう、この陽射しと湿気よ、、、、と忘れかけていたバリらしい雨季の気候をいやでも思い出すことに。。

雨季になってからか、突然我が家の庭では、葉っぱばかりが生い茂っていた(名も知らぬ植物が)2年ぶりに花を咲かせ、種から植えた「シルサック」(よそではカスタードアップル、とか言うらしい)が実をつけたり、と中々楽しいことがおこっております。
植物はちゃんとわかってるんですね~、、季節の変わり目というものを。。
つい最近まで、ほとんど毎日夕方になると水撒きしていたのに、それも全く必要がなくなり、、やれ、暑いだ、カビ生えるーだの文句が多くなる季節ではありますが、植物にとっては、恵み豊かな季節なんでしょうね。

PB022740.jpg
濃い緑に白が映える~。
PB022743.jpg
こちらが「シルサック」。カルピスのような、ヤクルトのようなお味。
そのままデザートになりえるどろっとしたフルーツ。ジュースでもうまい~。

画像は、先日行った、今話題の「seniman cafe(スニマンカフェ)」。(スニマン=アーテイスト)
お店の入り口わきには、からいらしいコーヒーのカキリマ(屋台)があり、そこで飲み物を作ってるようです。
もともとギャラリーかなにかだったのか、広い空間をうまく利用して、通りに面したところにはかわいらしいカウンター席も。

コーヒーを頼むと、なぜか、そのために作られたであろう、長いプレートに穴のあいたものに、出がらし?(言葉悪いですね、、)のコーヒーフィルター、一口お菓子、コーヒー、お水、、がセットされて運ばれてきます。
とてもかわいらしいのですが、「このコーヒーフィルターまで持ってくる必要あるんか??」などと、意地悪い質問をしてみたくなるのは、遊び心のない人間だからかな、、
一緒に行ったKさんは、「これでもう一杯いれてくれるんですか?」と、普通に聞いてたが、、もちろん答えは、NOでした~。笑(お茶に関しては、ポットにお湯を足すサービスはしてくれるようでした。)

PB012735.jpg

まだオープンして一か月らしく、食事のメニューは「パニーニ」のみでしたが、パンも香ばしく、ドレッシングなんかもさっぱりとしてて、中々大人の味でおいしくいただくことができました。
オーナーさんは、実はご近所さんで、このカフェとは全く違う世界のかなり斬新な木彫りを作ってらっしゃるアーテイスト。
アンテイークのものをたくさんお持ちのようで、お店でも真鍮やガラスものなどが多く展示されてました。それがまたお店のインテリアとマッチしててとても落ち着いた感じ。
とても好きなテイストのカフェ、、早くメニューが増えてくれるといいな~~。

場所は、ウブドのメインストリートからタマン方面へ抜ける道を入って200Mほどの左側。
かわいい屋台と面白看板が目印。

PB012738.jpg

PB012737.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/11/02(水) 21:37:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。