ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人が嬉しい「見学旅行」~シデメンのモザイクタイル工場見学~

先週、金、土曜日と二日続けて、お隣のNさんに誘われるまま、シデメンのタイル工場、そしてププアンのジャムや石鹸などを扱う「bali asli(バリアスリ)」の工場へ、見学旅行と称して出かけてきました。

 金曜日に行ったシデメンは、ウブドから30分ほどのところにある、元王宮のあった「クルンクン」から、西?になるんでしょうか、、30分ほどさらに山間を抜けたところにある村。
こちらには、かわいいモザイクタイルの工場、そして、そのオーナーさんの現在建築中の素敵なヴィラがあるとのこと。
 クルンクンから一つ通りを入ると、そこにはかわいらしい丘の見渡せる景色が広がります。道は決してよくないので、ゆっくり、ゆっくり車を走らせます。

 シデメンへは、かれこれ10年ほど前でしょうか、、友人と二人乗りで地図を片手にバイクを走らせ(といっても、110cc?)、シデメンの景色を気に入って外国からバリに移り住んだ有名な画家(名前をはっきり覚えてなくって、、)の住んでいた景色の素晴らしい、そして、モザイクタイルをそこかしこに上手に施したかわいらしい家を拝見させてもらって、イセ、シデメンを走り、そのあたりで、これまたなんともノスタルジーな景色が広がる宿にお泊りしたことが思い出されます。
 見知らぬ土地をバイクで迷いながら行く楽しさ、、最近はすっかりそういうこともなくなってしまったのはさびしい限りですが、またこうやって、違う形でこの場所を訪れることがあろうとは、、10年前の記憶を辿りながら、モザイクタイルの工場、そして、そのオーナーが現在建築中のヴィラへ到着~。

 まだ建築中のこの場所に、快く迎えてくれるオーナーのワヤンさん(奥様はオランダの方です)。Nさんの用意したお弁当を広げ、みんなでわいわいといただきます。
 さすがモザイクタイルやさん、、プールの底も色んな色目のタイルが敷き詰められて、かわいい~~。
 そして、何より、敷地内に流れている清流の素敵なこと、、
 バリでは、珍しい(?)子供らも安心して泳げる(入れる)きれいな川、、(残念ながら、バリではなかなか日本のような清流にお目にかかれません、、)
 子供らもプールで遊んだあとは、流れのある川で、最初はかなり恐る恐るでしたが、手をつながれながらも、自然の中での楽しさを満喫していました。

seiryu-2.jpgsidemen-pool.jpg

 さてさて、肝心のお部屋ですが、これがまたうっとりするほど素敵、、
作りはいたってシンプルなのですが、今出来上がってる2棟のうち、一棟は海をイメージした「青」の部屋。もう一棟は、何をイメージしたのかはわかりませんが、ピンクを好まない私でも唸らせるほどのきれ~いな「ピンク」のお部屋。どちらも、憎らしいほどのモザイクタイルの配色と柄合わせ、、色合わせが苦手な私、、到底こんな風に使いこなせないな、、

kamar-pink.jpgringochan.jpg
kamar-pink2.jpg

kamar-biru3.jpg
kamar-biru2.jpgtegel-motif.jpg

 子供らがプールで思い切り遊んでる間、私とNさんは、タイル工場へ。
 ここは、バリ人のワヤンさんとオランダ人の奥さんが4年前から始められた工場だそうです。
 我が家を建てたとき、既にあったのはなんとなく知っていたけれど、なんせ面倒臭がりで、、結局オーダーすることもなく終わってしまったことが今さらながら悔やまれる。

 工場の入り口には、サンプルとしてたくさんのモザイクタイルがきれいに展示されています。
 あ、、ため息が出るほどかわいらしい、、
 奥には、モチーフの型、そして、それに色セメント?を入れて完成させる場、さらに出来上がったタイルを水につけて置く場所、、など、小規模ではあるけれど、ここで、あの素敵なタイルたちが生まれるんだ~~と思うと、感激すら覚えてしまいます、、
 スタッフも皆どこか誇らしげな様子で働いてるし、何より楽しそう。
いい空気の流れる素敵な仕事場、、オーナー夫妻の人柄がにじみ出てるようでした。

tegel1.jpg
tegel-kata.jpg
tegel-tembok.jpg

 さてさて、自分のお店用、そして家用、、ととっととオーダーを始めるNさんにつられて、我が家のお風呂場用のモザイクタイルをオーダーする私、、
建てた当初から、どうしてもお風呂場のタイルの色が気に入らず、、かといって、変えるとなると大変だしな、、と思っていたのですが、Nさんの「自分でやるわけじゃないし、大工さんがやってくれるんだから」の一言に、それもそうだ!と、、さんざん迷ったあげく、このバテイック模様のタイルを部分、部分に配置することに。
 これが入るだけで、お風呂が楽しくなる~~と今から楽しみ。
 なのですが、やはりそれを知った旦那に「は?どんだけ大変だと思ってんの?無理だよ!」と、一喝されてしまいました。。
 でも、オーダーしたものはしょうがない。出来上がって来てから考えますか、、

tegel3.jpg

 大人も子供もすっかり満たされた気持ちで、楽しかったシデメンを後にし、この日の見学旅行は終了~。
 
 素敵な景色と、ものと人に魅了される工場見学、、まだまだバリは私の知らないところがいっぱい。
 今後の開拓が楽しみです。

 土曜日の見学旅行へと続く~~。。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/18(水) 12:25:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。