ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「手縫い革バッグの教科書-nanan著」、いよいよ発売開始!

奈良での展示会を無事終え、その後、実家のある熊本に移動し、家族や友人にゆうらを披露。。
2週間という短い時間はあっという間に過ぎ、バリに戻ってきました。

初の子連れの旅、飛行機やバスなどの乗り物の移動が大丈夫だろうか、、と心配で心配で気が気でなかったのですが、蓋をあけてみれば、意外にどれもスムーズに済ませることができました。
ただ、やはりゆうらには移動がきつかったようで、日本に着いたその日に熱を出し、展示会中もしばらくは上がったり下がったりが続いてかわいそうな思いをさせてしまいました。
が、その後は元気ないつものゆうらに。親の都合で日本ではハードな日々ではありましたが、こうやってたくましくなっていくんでしょうね、、(いいんだか、悪いんだか?)

P9130581-s.jpg
+お風呂好きのゆうら、日本ではお父さんと一緒に湯船に浸かってご満悦。

奈良での展示会は、一年ぶりに会うあの人、この人、、そして今回は松山から姉家族もかけつけてくれて、賑やかなものとなりました。
展示会前の緊張はバリにいるときから毎回あるのですが、始まってみると、懐かしい面々に会える喜びの方が大きく、、わいわいと楽しい3日間を過ごすことができました。
お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

さてさて、今回帰国の間にちょうど送られてきた、20日から発売されてる私たちの本、「手縫い革バッグの教科書」の見本。
短い制作期間でばたばたと大変ではあったけれど、こうやって形になると感動ひとしお、、
バッグを作り始めて10年足らずで、こんな立派な本を出せるなんて、本当に夢のよう。
こんな機会を与えてくれたMさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
タイミングよく家族にもこの本を見せることができ、もちろん大いに喜んでもらって、また改めて感動がこみ上げる2人でした。

P9150696-s.jpg
★一年に一度の帰国、家族写真はとっても貴重。出版のお祝いもかねて、皆でお食事。(これで全員ではありません、笑)

どれだけの人たちがこの本を見てくれるのかわかりませんが、nananを知ってもらう滅多にない機会、、大事にしなくては!
これからやることいっぱい、前のめりで頑張りますー。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/25(水) 15:54:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。