FC2ブログ

ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バリに戻りました。

展示会も無事に終え、15日にバリに戻りました。

帰国前、あんなに爽やかな風が吹いていたのに、戻ってきてみると、すっかり雨季状態。
一日降ったり、やんだりを繰り返し、その湿気のすごいこと。。

でも、庭の植物たちは、前よりずっと元気そう。必死でワハユやスタッフが植えていた芝生代わりの草も、青々と茂ってました。
枯れかけていた木々にも、たくさん葉っぱが芽吹いて、息を吹き返した様子。
あんなに大変だった水やりも、雨季は必要ないし、「蒸し暑い」だの「動きが取れない」だの、雨季は文句が多くなりますが、、家を持って、やっとよい点に気づかされました。(今更ですが。。)

今回は、日本滞在が短かったので、買い物や友人との再会などで、ばたばたと時間は過ぎ、、
大好きな阿蘇にも行くことができなかった、、そういえば。
熊本は、9月に入っても34度、35度など、真夏並みの気温で、秋を感じることがあまりなかったのですが、
唯一秋らしいことといえば、料理好きの母が、姉からもらった栗を使って、「具沢山栗ご飯」を作ってくれたこと。
面倒な栗剥きから始まって、具の味付け、、手をかけることを惜しまずに料理する姿は、わが母親ながら、ほんとに感心してしまいます。
そして、できたのがこれ。。

kurigohan.jpg

お豆やきのこ類も入って、おいしそーでしょ~。混ぜる前の姿をパチリ。
味は、濃すぎず、薄すぎず、、ちょうどよい加減で、ほこほこの栗が秋らしく、おいしくいただきました!
「栗」をくれた姉に「栗ご飯」で返すこの粋な心使い。中々できませんよね。。

さて、バリのうちの前の田んぼは、すっかり稲刈りも終わり、今は、カルガモ?合鴨?が、稲刈りの終った後の草なのか虫なのかを毎日食べにきています。鴨使いのおじさんに従順に従うカモたち。。おもしろいぐらい、きちんと列を作って歩く姿は、かなり笑えます。
写真は、同系色でわかりづらいですが、カモ使いのおじさんとカモたちの図です。

sawah2 002

刻々と変わっていく目の前の田んぼの風景は、日々の楽しみのひとつになってます。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/17(木) 22:26:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blognanan.blog96.fc2.com/tb.php/131-8f31f9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。