FC2ブログ

ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

随分大きくなりました。

9月23日に産まれたワンコたち。
4匹のうち、一匹は残念ながら、病気でなくなってしまったのですが、
他のワンコたちは、2週間後には、目が開き始め、今では後ろ足も随分しっかりしてきて、
檻から一人で外に出れるようになりました。

どうせ手放してしまうので、名前をつけても、離れるときに余計に寂しくなるからな、、と思いつつ、
既にしっかりそれぞれ個性が出てきつつあるので、全部を「チビすけ」と呼ぶのもなんか申し訳ない。。

結局、ワハユと相談しながら、少し茶色がかった、体の小さい女の子を「チョコ」(写真下)、

choco.jpg

顔も体もでかい、パンダが笑ったような顔をする男の子を「コパン」(小パンダにしたかったのですが、呼びにくいので却下されました)、
少し離れ目で、いのししの子供(ウリボウ)のような顔をした女の子を「ウリ」と名づけました。(写真下:ウリ)

uri.jpg

さて、お母さんはというと、今ではすっかり余裕を見せ、おっぱいをあげるとき以外は、涼しい場所に移動して、ゆっくりお昼寝、、
多少子供が泣いても動じない。。逆に私たちが子供を見に行くと、慌ててやってくる、、といった感じ。
おっぱいをあげていても、ご飯の時間になると、子供らを振り切ってやってくるし。
私らから見たら、「ちょっとー、もうちょっと面倒見てよ」と思うのですが、動物の世界だと、これくらいは普通なのかもしれませんね。

oka-santo.jpg

最近は、夕ご飯の後は、私もワハユも犬小屋の前で、ワンコたちと戯れるのが日課になっています。
ワンコたちも、私らの存在をわかってるようで、近寄ると、足元に寄ってくるし、いっちょまえに「うー」と唸ったりするのが、何ともかわいらしい。

おっぱいを飲む量がどんどん増えていくせいで、おしっこも半端じゃないし、寝ながらでもおしっこする始末。。人間の赤ちゃんと同じですね。
バンビがなめてあげても全然追いつかず、、そこら辺おしっこだらけ。。何度きれにしても、追いつきません。。
何かと手のかかるワンコたちですが、かわいらしさの方が上回って、、ちょっとでも泣き声が聞こえようものなら、すぐ飛んでいく私。。
ちょっと過保護過ぎ?と思いつつも、ふわふわの毛とつぶらな瞳を見ると、抱っこせずにいられません。。
手放すまでの短い時間、、べったりワンコたちと甘~い時間を過ごすつもりです。


スポンサーサイト
  1. 2009/10/15(木) 11:51:49|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。