FC2ブログ

ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オゴオゴとゴリおばさん。

ようやくニュピも明け、全てが通常どおりとなりました。
ニュピのあけた昨日、ウブドに向かってる途中、ニュピ前には、これからの出番に張り切ってるように見えたオゴオゴも、終った今は、なんとなく生気を失ってる(いや、もちろん、最初から生気なんてないんですけどね)ように見えるのは、私だけでしょうか。。

さて、そのオゴオゴ行列、今回は、お隣のののちゃんたちと見学するのもあって、人の多いウブドはさけ、私たちの住む村での見学となりました。
夕方早々にご飯を済ませ、行列の始まりをつげる爆竹やこちら独特の演奏の音に「始まる、始まる、、」と慌てて出かける私たち。
既に表の通りには人がいっぱい。ちょうど行列も始まったところのようでした。
そして、その行列のトップにいるのは、なんと、先日のゴリおばさん!
先日とは違って、バリらしい衣装をつけ、更に目が、、目が光っています。(笑)
あのおとぼけ顔が一気に少し?強面に。。村の子供らが張り切って担いでいました。

ogo-ogo 001

オゴオゴは、それから4体ほど出てきて、練り歩きに合わせて、金属音と太鼓の音ががんがん演奏されるのですが、これがまた担ぎ手を興奮させ、そして更に行列の後を行く私たちも大興奮。
ののちゃんと手をつないで、行列の後をついていったのですが、オゴオゴよりも、この音に大興奮のののちゃん。
小さいなりに「血が騒ぐ」んでしょう。
オゴオゴの行く手を村の人たちとともに音にあわせて飛び跳ねながら、結局最後までついて行くことに。。
帰りはさすがに疲れたのか、パパにだっこされていました。
ののちゃんの弟、天ポンもオゴオゴを恐がることなく、こぶしを挙げてのりのりだったとか。。

村の小さなオゴオゴ行列でしたが、意外や意外、えらく楽しむことができました。

そういえば、その日の午前中に行った美容院で、カットをしてくれた日本人の美容師さんが、初めてオゴオゴを見るらしく、
「めちゃめちゃ恐い、、魂抜かれるとかないですよね!?」とかなりびびってはったので、
「目見たらだめですよ、魂抜かれますよ!」と言っときました。
いや、もちろん冗談ですが。。(笑)

ogo-ogo 004


スポンサーサイト
  1. 2010/03/18(木) 12:01:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blognanan.blog96.fc2.com/tb.php/155-3a9993e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。