ウブド-ときどき日記

バリに住んで約10年。 のんびりとした日常の一コマをゆっくりとしたペースでお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガルンガン休み in candidasa

バリ島は、先日バリのお盆(ガルンガン)を迎えました。

半年毎にやってくるこのお祭り。その前後は、バリの人はご先祖様を迎える準備で大忙し。

ガルンガンの前日になると、通りには、ご先祖様が降りてくる目印になる「ペンジョール」と呼ばれる背の高い竹で作られた飾りが並びます。

これが飾られると、あー、いよいよガルンガンか、、と、日本で言うなら、お正月のしめ飾りのような感じでしょうか、、
常夏の島でも、季節感はなしにしろ、こういった風物詩があるのはよいものです。

最近は凝ったものも多く、柱となる竹にビロード?の布が巻いてあったり、てっぺんにつける出来合いの飾りがガルンガン近くなると、わんさとお供え物やさんで売られていて、それを使ったペンジョールの華やかなこと、、昔は出来合いのものが売られてるなんてことはあまりなかったような気がします。

さてさて、そんなガルンガン、当然、お店も休みになる事が多く(nananもガルンガン当日はお休みでした)、関係のない私たちもお休みモード。
どうせならどこか行くか―と、急遽決まった家族小旅行。
ウブドから1時間ほどで行ける、バリ島東部のビーチ、チャンデイダサに行くことに。

日本以外で家族でのお泊りは今回がはじめて。
ゆうらが海やプールでどんな反応を示すかも楽しみの一つでした。

お泊りは、随分前に利用したことのある、食事のおいしいレストランのある「アマルタビーチインバンガロー」に。
昔はなかったプールも海に面して作られていて、昔より随分こぎれいになったみたい。

ゆうらは首につける浮き輪を無理やり体につけて、プールへGO!
友達のYちゃんから譲ってもらった水着が既にぴったり。。いっちょ前に見えますね~~、、笑。
もともとマンデイー(水浴び)が大好きなので、水を怖がることもなくウキャキャキャと嬉しそう。

candidasas-2.jpg

ひとしきり泳いだら、早速お昼寝。場所が違うことを彼女なりに感じていたけれど、疲れたのかすぐにご就寝。

candidasa-s4.jpg

その間、私達ものーんびり。海を見ながら潮風に吹かれてるだけで、なんとも幸せな気分。
家族でのこんな時間、あこがれていただけにじわじわと嬉しさがこみあげてきます。

candidasa-s1.jpg

翌日も起き抜け早々、ビーチへ。
海が初めてのゆうら。なんだかわかんないけど、気持ちいいぞーーーと思ってるのか、お父さんと浅瀬の海に浮かんでおりました。

昼からは、チャンデイダサの先にあるチョコレート工場へ。
ここは、海に面したユニークな形の建物が有名なのですが、これよりも何よりも、ここにある巨大ブランコが今回の目的。
海に向かってブランコをこぎたいな~~とこちらへ向かったのですが、あるのは椰子の木畑?の道なき道、、
よくぞこんなところに、、ということろに、別荘のようなものもちらほら、、そしてようやく工場へ到着。
ガルンガン当日ということもあって、もちろん工場はお休み。そして、目的のブランコは、、あらら、鍵がかかってる、、がーん。

それにしても、ここの景色の素敵なこと、、椰子の木がそびえる先には海。。
なんともいえないいい風が吹いてきて、何はなくとも気持ちのいい空間。

しばらくすると、ここのオーナーさん登場。とってもリラックスしたいでたちで、ここののんびりした雰囲気ととってもマッチ。
早速ブランコのカギを外してもらい、ワハユにゆうらを抱っこひもで抱っこさせて乗ろうとしたのですが、、これが結構大変。
ゆうらと一緒にブランコに乗ってるところを夢に見てたのに、、まさかの断念、、
仕方ないので、私一人、このブランコを楽しませていただきました。
海に向かってこぐブランコ、きーもちいい~~~。

candidasa-s3.jpg

一泊二日の旅、家族ですっかり堪能して家路につきました。

1時間ちょっとで小旅行気分を味わえるバリ。次はゆうらとどこに行こうかなーとわくわくしています。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/26(土) 12:10:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blognanan.blog96.fc2.com/tb.php/215-7e4b5284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。